MENU

お知らせ/ブログNEWS TOPICS

TOP > お知らせ/ブログ > 塩化ビニール製 中空製品(ビーチボールなど)の検品方法
ブログ 2018.12.17

塩化ビニール製 中空製品(ビーチボールなど)の検品方法

特に春から夏向けとして毎年冬頃からビーチボールなどのPVC製の中空商品の生産が多くなってきます。

原料を特殊な機械で作業員がパネル毎に手作業で溶着し製造します。

溶着部分に不具合が無いか?を確認するには空気を入れての検査が必須です。

体育館のような大きな施設で1個毎に空気を注入し、基本24時間放置後、不具合のある商品は”良品”と混じらないように間仕切りのある「不良品保管場所」で保管します。

 

 

非常にアナログ的な作業、検品方法ですがまだまだこの方法が一般的な方法です。

 

 

 

お問い合わせCONTACT
ノベルティに関することなど、
お気軽にお問い合わせください。